HOME > 機関誌「産業立地」バックナンバー > 産業立地2009年9月号特集

機関誌「産業立地」バックナンバー 特集

地域産業を活性化するイノベーション創出

(産業立地2009年9月号特集より)
【地域産業をめぐる目まぐるしい環境変化】
 わが国の産業競争力を強化するには、地域産業の活性化が必須である。グローバル化やオープンイノベーション化等が展開され、インターネットの著しい普及により、情報入手への時間距離等が均等化しており、自らと他との差別化を図ることが難しい時代になっている。一方、リーマンショックの影響がいまだに尾を引き、世界的な経済不況が続いている。従来型の産業力強化策での対応は難しく、イノベーション創出への期待が大きい。実際に、どのような視点で、具体的にどのような方法で取り組めば、地域産業を活性化するイノベーションを創出できるのであろうか?


【イノベーション創出に向けた様々な視点】

 そこで、本特集では、地域産業を活性化するイノベーション創出のために、様々な視点等について検討することを試みた。オープンイノベーション時代における協業と連携による地域産業活性化への視点、産業を創出する地域がなぜうまくいっているのかという視点、地域産業を活性化するイノベーション人財の育成の視点、売れる製品づくりのためのモノづくりデザイン法の視点、イノベーション創出を支える基盤産業技術が重要であるという視点、イノベーション創出のためのデザインの視点、イノベーションのシナリオ作成力の視点について論じた。
 本特集が、地域でのイノベーション創出の一助となり、地域産業活性化へ寄与できれば幸いである。