HOME > 事業実績 > 財団法人JKA補助事業

財団法人JKA補助事業

本事業は競輪の補助金を
受けて実施しております。 

http://ringring-keirin.jp/

補助事業の概要

事業の目的

 地域の中小機械工業等がイノベーションによる新規事業展開を図る上で、起爆剤となる大学等研究機関との連携および起業家の輩出を担う人材の養成、ならびに新たな事業展開に着目した立地環境等に関する調査、研修、情報提供を通じて包括的な機械工業の振興に寄与する。
 本事業では、中小機械工業が抱える問題を地域経済社会の包括的な問題として捉え、既存の大学等研究機関、行政との連携を重視した事業展開のあり方に着目し、それらが持つ機能を適切に活用するための土壌を造り上げていく。一つは、地域の中小機械工業が新規事業展開、起業化の際、大学等研究機関と行政との橋渡し役となる企業支援人材を養成し、企業、大学、行政との壁を壊し地域における産学官連携の仕組みを根付かせ、一般化することである。一つは、新規投資の際、事業環境の変化や莫大な資金を要するなど、どこに工場等を立地するかが大きな問題となっており、これらを解決に導く調査、情報等の提供により助言することである。さらに一つは、従来の地域産業政策を取りまとめ、評価を試み、産業の活性化により再生した元気な地域の知事等にインタビューし、その地域の創意工夫を凝らした活性化策をとりまとめ、配布することで地域への啓発を支援する。

○意義・重要性
 本事業では、地域中小機械工業の問題を地域経済社会の包括的な問題として捉え、企業のイノベーションを支援する人材養成事業と企業の事業展開に不可欠な立地環境情報支援事業、地域活性化策の評価と成功事例集の作成を通じて地方公共団体、地域の中小機械工業等を支援する。
 具体的には、

(1)イノベーション支援人材育成事業は、地方における大学、公設工業試験研究所等と地域中小機械工業等との媒体となって新規事業創出を支援できる人材の養成、およびインキュベータ等で起業家を輩出できる人材の養成等を通じて地域産業イノベーションによる内発的産業の発展を支援する。

(2)立地環境情報支援事業は、地域中小機械工業等が新たな事業展開・戦略的な投資を行うための基礎的データを環境・エネルギー関連等の企業の動向に注視しながら調査・収集し、中小機械工業や地方公共団体等に研修、情報提供を行い、産業立地による外発的な産業集積の形成および域内の企業展開の支援を行う。

(3)地域産業活性化策の評価とモデル事例作成事業は、産業活性化への取り組みを通じて、元気な地域に再生、または元気な地域として注目を集めている地域の元気の源について、知事、キーパーソン等に取材し、地域産業政策の評価と事例をまとめ、地域への啓発活動を支援する。


補助事業の詳細(PDF)